検査時間は5分で痛くありません。

「きわめてラク」で「痛みを伴わない」検査

大腸の内視鏡検査は痛いというイメージがありますが、近年の大腸内視鏡の機器の開発、そして医師の技術も大きな進歩をとげ、「きわめてラク」で「痛みを伴わない」検査ができるようになりました。

患者様の身体に負担の少ない検査

東京内視鏡クリニックでは、世界最高の診断レベル、そして太いものから細いものまで豊富な種類の内視鏡を揃え、患者様の身体に負担の少ない検査を行います。内視鏡技師の資格を持つ看護師による丁寧な説明など、万全の体制で患者様をフォローいたします。患者様の身体的負担はほとんどないため、検査が終わればそのまま歩いて帰り、その日の生活も普通に行なうことができます。

40歳を超えたら症状が現れる前の早期発見治療が大切

早期発見のために拡大内視鏡を用いた診断と、また、苦痛のないような検査法も取り入れて、患者様の検査の恐怖をやわらげるよう努めております。大腸も挿入困難の方には鎮痛剤(痛み止め)を用いて検査を受けることも可能です。

自覚症状が無いからこそ、40歳を超えた方には症状が現れる前の早期発見治療をお勧めします。ぜひ気軽に検査を受けていただきたいと思っています。

診療のご予約・ご相談はこちらから

受付時間 9:00-18:00(平日)