東京内視鏡クリニック院長に2022年7月に就任した工藤豊樹と申します。

私は平成16年に日本医科大学を卒業、別掲の略歴を経て6月まで昭和大学横浜市北部病院に講師として勤務してきました。これまで消化器内視鏡診断・治療および研究に全国の最先端施設においておよそ20年間従事し、特に大腸内視鏡検査については現在まで約4万件以上の検査・治療に携わっております。

工藤豊樹

当院は内視鏡検査・治療の専門クリニックです。消化器内視鏡に関することでしたらまずはお気軽にご相談ください。可能な限り皆様のご希望に添うような形での(内視鏡検査中は完全に眠らせてほしい、モニターを見ながら受けたい等)最善のオーダーメイド医療を提供いたします。大腸内視鏡検査はもちろん食道・胃・十二指腸検査に関すること、また検診で指摘された異常や具体的なお腹の症状があれば気兼ねなく受診されてください。

当院には内視鏡検査のスペシャリストが複数名在籍しており(女性医師も常勤)、とくに昭和大学特任教授の工藤進英先生は当クリニックの特別顧問を長年務められており、同大学の横浜市北部病院消化器センターとも強固な連携をとっております。内視鏡検査は現在では、患者様に気軽に受けて頂ける検査になりました。当院が皆様の日々の診療のお役に立てることを切に願っております。

東京内視鏡クリニック 院長 工藤 豊樹