早期発見・早期治療で大腸がんはほぼ100%完治できます。

早期の適切な治療で「必ず治る、治せる!」

日本の大腸がんの診断・治療は現在、世界レベルでも最高水準にあります。早期に適切な治療を受けていれば「必ず治る、治せる!」病気です。

がんの治療では「手遅れ」にならないことが最も大切です。大腸がんは内視鏡検査を受けて早期に発見されればほとんど100%治りますが、発見が遅れると大腸の壁を越えて他の臓器に広がる可能性があります。

東京内視鏡クリニック顧問 工藤進英医師
自覚症状が現れる前の検査が最も重要

会社の健康診断では便潜血反応が陰性であっても、内視鏡検査を受けたらいくつもポリープが見つかったという例が多くあります。早期発見・診断という目的からすると、自覚症状が現れる前の検査が最も重要であり、便潜血検査だけではなく、内視鏡検査の受診をおすすめします。

発見と同時に切除治療、検査が終わればそのまま帰宅

 内視鏡検査の最大のメリットは、その場で発見と同時に切除治療を行い、完治できるということです。ほとんど無症状の腸壁と同じような微細な段階でも発見することが可能です。

たとえ早期がんが見つかったとしても、切除がその場で簡単に行なわれ、開腹手術を避けることができます。さらに、患者様の身体的負担はほとんどないため、検査が終わればそのまま歩いて帰り、その日の生活も普通に行なうことができます。

診療のご予約・ご相談はこちらから

受付時間 9:00-18:00(平日)